M3参加で必要なモノまとめ

M3 2018秋参加して思ったこと、参加の流れ、自分が感じたことを書いていこうと思います。

同人即売会は、2回目ですがまだまだ未体験ゾーンなので
これから参加しようと思ってる人たちのために参考になればと思います。

正直参加したほうがいいと思っております。
同人なんて、かっこ悪いから嫌だとか思ってた自分もいましたが(すみません)、

いろいろな人に出会える体験でもあるので、是非とも参加してみてください。

 

M3ついて

1年間で2回、春と秋に開催されます。

日本の同人イベントの1つである。製作者が音に関連した創作物をCDやDVDなどの媒体に記録し、その作品を自ら販売する音系即売会を代表する存在になっております。

参加者は毎回約1万人程度となっており、2014年に実施された第34回における参加サークル数は1200を超えた。どんどん規模が大きくなっております。

簡単に言えば、出店みたいなもんですね。
申込み、抽選で当選すれば参加できるので是非とも参加してください。
自分で言うと、普通のライブの10倍近くの数のCDが売れるので

CDプレス代くらいになってます。

これはホント助かります

プレス代も制作費も馬鹿にならないので

 

スケジュール

2018年秋のスケジュールを書いておきます

 

6月 4日(月) サークル参加受付開始
6月22日(金) サークル参加受付締切
8月初旬 当落決定通知・サークル配置発表
上映コーナー要項発表
9月中旬 サークル通行証および参加案内「えむすりい通信」発送
9月29日(土) カタログ前売開始
10月上旬 上映コーナー参加申込開始
10月中旬 上映コーナー参加申込締切
10月28日(日) M3-2018秋 開催

申し込み開始が4ヶ月前で期間が3週間程度しかないので
申し込み忘れがないようにしましょう。毎回変わるのでその都度確認してください。

去年の申込みが12月18日くらいだと思いますので、公式ツイッター、HP等で確認しましょう。
何度も言いますが、申込み期間が短いので注意してください。

スペースタイプについて

レギュラースペース

ミニ 4,000円  サークル通行証2名 椅子1脚

シングル 5,700円 サークル通行証3名 椅子1脚(追加1脚)

ダブル 11,300円 サークル通行証6名 椅子2脚(追加2脚)

フリースペース(小音量/中音量)

シングル 4,600円 サークル通行証3名

ダブル 9,100円 サークル通行証6名

詳しくはこちらで、

http://www.m3net.jp/circle/index.html

 

今回は、シングルで申込しました。スペース感としては
こんな感じになっております。インディーズでやっている人には、シングルで十分だと思います。

 

 

 

申し込みの流れ

申込の流れとしては、

1.サークル代表者情報の登録 (2回目以降は、代表者情報は登録されています。メールアドレスとパスワードで情報の呼び出しができます。)

2. サークル情報の登録 (ジャンルは、大事なので慎重に決めましょう!

3.参加費の支払い

A. 郵便振替

B. 支払いフォーム(PayPal)

自分はPayPalで支払っています!何かと便利ですね!

4.サークルカットの提出

参加サークル紹介のためM3のカタログ・サイトに掲載されます。
細かい指定がありますので、気をつけてください。

http://www.m3net.jp/circle/cut.html

5. お申し込みの完了

これで抽選待ちです。年々激化してるみたいなので。
運を頼りに待ちましょう。

M3当日までにやっておきたいこと

これは告知ですね。twitterを初めとするSNSを駆使して宣伝をしていきましょう。
twitter名に「M3(春か秋) 出展スペース番号」するなど分かりやすくするといいですね!

 

M3当日のスケジュール

 

会場には8時半に到着がいいと思います。
サークル入場可能時間が9時からになります。
もちろんサークル通行証は忘れずに(事前に100均で、ネックホルダーを買っておくといいかも)

準備をしつつ、試聴機コーナーにCDを三枚もって行きましょ!
早めに持っていけば、いい場所が確保できるので早いほうがいいと思います。

10時半から11時までの間は、会場を封鎖するとの事なので、関係者でも入退場できなくなってるので
注意してください。

11時会場オープンでお客さんも入ってきます。
最初から来る人はほとんど目当ての人のとこに行く(売り切れが予想されるサークルさん)

あんまり自分には関係なかったです笑

あと、会場内のローソンはとても込み合うので
水分補給用のペットボトル等は前もってたくさん持っていったほうがいいかもしれないです。

イベント開催時間が15時半までなんですが、
少し手前の時間で片付けをします。

 


終わってからだとかなり帰りの電車が込み合うので。

疲れないためには早めに帰りましょ!

 

 

M3当日あると良かったもの

1.試聴で使う音楽プレイヤー(iPad,PCなど)とヘッドホン

 

iPad2というもう化石に近いようなものでしたが、相当役に立ちました。
また、PVも今回は作ったので、ずっと流しっぱなしにしておきました。

M3に来場してる人は、新しい音楽を探してる人が多いので
あなたの曲を聴いてもらいましょう!

2.机に敷く布

見てください。この安っぽい売り場。

そうなんです涙。今回忘れてしまった。あるのとないのでホントに違うかつ、周りはほとんど
布してるので、なんかすっぴんを見られてる感じになりました。

次回は忘れないようにします笑

 

あと、売る商品は絞ったほうがいいですね。
実際自分は10枚以上CDを自主で出版してるんですが、今回は、前回より絞りました。

ごちゃごちゃしてますね!

ただ布があるので、そこのところは前回の方が素晴らしいです。

 

3.スペース番号が書いたもの(紙でも、パソコン)

(人間の可視範囲に入る角度を心がける)スペースNoなどもわかりやすくする。何組もの展示が一同に集まってるので
スパース番号は絶対分かりやすくしたほうがいいです。

あと、ジャンルも大きく書いたほうがいいです。

4.つり銭

大きな買い物をしてるお客さんもいるのでつり銭はたくさん用意しましょう。
1万円でもいいですか?と聴かれても喜んで対応できるようにしましょう。
自分は4万円分を用意しました(内訳は5000円札2枚、1000円札20枚、500円20枚)

コインケースは出し入れが面倒くさいので

大小の袋を用意しました(大きい方にお札、小さい方に小銭

 

 

あと、販売価格は、キリがいいほうがいいですね。

また売りたい商品が沢山ある人は新譜購入でセット割引なんてするといいかも。
今回はこれが、好評をいただきました。

 

5.筆記用具、はさみ、養生テープ、用紙

事前にディスプレイを用意したとしても、こうしたほうがいいなんて思うこともありますので。

売り上げ表も事前に作ってもっていくといいと思います。

6.名刺

CD購入していた人や、試聴していただいた人に渡しましょ!

あとは、関係者も多いと思うので名刺は是非とも持っていきましょ!

 

7.売り子

今回重要だと思ったんですが、売り子も重要だなぁと。
おかげさまでめちゃくちゃ売ってくれました。

お客様もただぼけーっと座ってるいるブースより
笑顔で元気あったほうがいいと思います(ただ苦手の人もいると思いますが)

あとは、トイレ休憩行きたい時や、挨拶周りするさいの店番もしてもらったので助かりました。

8.無料で配布出来るもの

ステッカーやダウンロードカードなんでもいいのでそういうのがあると接点になりますので、
受け取って試聴してくれる人もいます。

今回は、前回持っていった音源ダウンロードカード(Dropboxでダウンロード可能)持っていきました。

 

 

名刺同様名前も覚えて頂けるので作成費用も1000円以下で出来ます!

https://www.adprint.jp/

 

M3参加して

昨今音楽が売れないって言われていますが、
売れるところではCD売れてるんだなぁと。

こんなにCD買いたい人がいるんだぁと。思ったくらいです。
大人気サークルさんではもう午前中に完売とかざらにいます。

なかなかタワレコさんなどのCDショップでの販売数も少なくなってきてる今だからこそ
出来る販売スタイルがあるんじゃないかなぁと。

取り分も参加費を差し引いた部分がゲットできるので
マージンも大きいですしね。

勿論アーティストイメージもホントに大切なので出展するかどうかを催促はできませんが、

自分は出してよかったなぁと

いろんな出会いもありますし、
是非悩んでる方いれば、出展してみるのもいいと思いますよ。

 

Scroll to top