マスタリングCDマスター,DDP作成方法 (STUDIO ONE)

こんばんは、Idiot Popです。

前回マスタリングの記事は大変好評をいただきました。

マスタリングについて

今回は、マスタリングした作品をCDを制作してくれるプレス会社に提出する方法を

書いていこうと思います。

2パターンあります。

CDへ書き出す方法 

(マスターディスク作成後、郵送)

このやり方だと、高音質のCD-Rじゃないと音質の差が出ます。

DDPを作成する方法

DDP(Disc Description Protocol)の略。

プレス会社によってはDVDに焼いてくれという会社もありますが
ほとんどはデータで送る形になると思います。

基本的に今の時代、郵送は面倒くさいので
DDPをデータで送るようにしてます。
勿論プレス会社指定に従ってください笑。

DDP作成するソフトは、WaveLab、wave burner などあるんですが、
Studio Oneが簡単で,比較的安いので導入を決めました。

都市伝説でSTUDIO ONE は、音がいいということもよく聞くので(笑)

それも購入した理由の一つになりました。

 

https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/

 

STUDIO ONEでの作成方法

新規プロジェクトを作成

 

マスタリングした音源をファイルからドラッグで並べる。

タイトル等入力(任意)

曲間調整 (任意)

 

赤で囲んだ部分が押すと、曲間調整可能(デフォルトでは2秒になってます)
デフォルトでいいと思います。

 

 

 

CDへ書き出す

マスタリング作業が終了した後は、
いよいよCDへ書き込みを行います。

 

「書き込み」をクリックします。
「空のCD」をパソコンへ挿入し、書き込みを行うだけです。

※「マスターディスク」を作成する場合はなるべく高品質のCD-Rを使用してください
音質に差がでます。

この「マスターディスク」をプレス工場へ納品します。

 

StudioOne DDPを作成する

 

現在、主流になりつつあるのが「DDP形式」です。
CDの場合に起こりえる「傷によるトラブル」「音質変化」を防ぐことができます。

DDPを選択します

 

↑ ウィンドウが表示されます。
場所を確認し「OK」をクリックします。

上記の場所に「DDP」が作成されるため、
このファイルをそのままプレス業者へ納入します。

これをそのまま圧縮して納品になります。
ただ会社によって異なる場合あるので、この画面をスクリンーンショットでもとって
プレス業者に確認して頂けば、間違いないと思います。

よりよい音楽生活を!

Scroll to top