Idiot Pop /Idiography EP1

Idiot Pop
“Idiography EP”
2010.04.01
1000yen
IPR003CD

Idiot Pop / Idiography EP2
1. Wander Wonder
2. Nothing to be afraid of
3. Rotten Orange
4. Under The Moonlight
5. Bye Bye Sorrow
6. Child Song Pt.2 (New School Mix)

2009年6月にデビューアルバムをリリースするや、耳の早いJ-CLUBリスナーたちの大きな話題になり、
新人として異例な幾多のチャートアクション、そして「渚音楽祭2010春」大阪公演への出演まで決定(!)という、
いま勢い増すばかりの“テクノドランクアーティスト”ことIdiot Pop。
そんな彼の新作EP(6曲収録)が登場!

前作で目立ったブリーピーなエレクトロサウンドが比較的後退したかわりに、自身のサウンドのトレードマークであった

ドリーミーでカラフルなサウンドコラージュと、そこに溶け合う優れたメロディセンスが格段にアップデートされた内容となっている。

サンプリングボイスのイントロからキラキラと夜空に広がっていくようなアトモスフェリックなメインループへ突入する

「WANDER WONDER」は、DE DE MOUSE、cherryboy functionファン直撃系のビックチューン!
しかし中盤に突如90年代バブルへのオマージュ(!)が飛び出すあたりの遊び心のある展開は唯一無二!!
また、デコラティブなサウンドコラージュ×センチメンタルなメロディシンセ=甘味料20%UPの激SWEETチャイルディスコな「BYE BYE SORROW」も最高にキュート!!!

その他ミニマルトラックやビックビートが忍んでいたりと相変わらず何でもアリながらも、サンプリングの音色と稀代のメロディセンスが高純度で融合した楽曲たちには、ヴォーカルトラックでなくとも、それを凌駕するような誰にでも口ずさめるエバーグリーンでエモーショナルな歌心が宿っている!

Scroll to top