dotkun

news

Monthly Archives: 5月 2013

2013年5月31日

6.9(日)Idiot Pop “TOY POP”+”EXWORLD” release Party @BATICA

2013.06.09 (Sunday)

6.9(日)Idiot Pop “TOY POP”+”EXWORLD” release Party in TOKYO @BATICA

前売り1500円 当日2000円

OPEN 17:00 CLOSE 22:00

LIVE

Idiot Pop (BAND SET)

Avec Avec

HP

1987年生まれ。大阪在住のトラックメイカー/作曲家。

Takuma Hosokawaによるソロプロジェクト。
2007年頃からインターネットを中心にリミックスやマッシュアップを発表し、
2011年にAvec Avec名義で活動をスタートさせる。Bass Music、
80’s Synthpop、Future Beatsなど10年代的ビートを基調に、新しいPOPの形を追求している。

DUPER GINGER

HP

2010年結成。MagictouchとCIVICの2人がメンバー。主に宅録でのトラックメイク活動が中心。名前の由来は2人共ジンジャーエールが好きだったから。あと響き。ヒップホップが心の拠り所だがジャンルは問わず。 12年にJUICEBOXXXをFeatしJxJxがREMIXを提供した「Kit-Cat」、SPEECH DEFECTをFeatしIdiot PopがREMIXを提供した「Wanna Be Kidz」をリリース。OTOTOYの「Play for Japan 2012 vol.11」に楽曲提供。13年3月発売のPANORAMA FAMILY「LIFE NOTE」にREMIX提供(ココナッツディスク代々木店特典)、5月発売のIdiot Pop「TOY BOX」にREMIX提供。同じく5月発売の8ronix「SOHAKU Feat. KGE THE SHADOWMEN」にREMIX提供。

luvrap group

HP

2012年3月結成。MC luvdub(a.k.a 木部裕介/ex.DACOTA SPEAKER.)とMC G.luv(a.k.a 岸ジョージ/from AFRICAEMO)による顔も酒も濃いめの2MC RAP GROUP。公式音源がないにも関わらず、ライヴにおけるPARTY感が話題になり様々なPARTYに参加。結成して1年も経たないうちに、UHNELLYS、LEO今井、DRY & HEAVY、SIMI LAB、Numb、Dj Yogurt、環ROY、RHYMEBERRY、D.W.ニコルズなどと共演。そしてついに初の公式音源を1シーズンに1EPとして無料配信連続リリース!また2013年夏にはそれらを集めて1stフルアルバムとしてリリース予定!片手にTequilaを、もう片手にはMicrophoneを。今日もどこかのパーティーへ絶賛潜入中!

MISSILE CHEWBACCA

HP

RAM RIDER、AAA、MEGなどメジャーアーティストのアレンジ、楽曲プロデュース、リミックスワークなどで活躍してきた

コンポーザーshoesが「踊れるロック」を追求するために結成した
ダンスロックユニット、『MISSILE CHEWBACCA!!』
聴くもの全てが踊り出す高圧的なサウンドに
日本語英語の飛び交うデタラメでスピード感溢れる歌詞の世界。
突如としてあらわれる切ないメロディが心の奥に突き刺さる!
キラキラからバスコーンまでイタズラに駆け抜ける音の疾走感を体感せよ!
今年、満を持してリリースされた1stアルバム「LANDING CLASH」が全国レコード店、amazonにて絶賛発売中!

DJ

Carpainter (a.k.a Taimei)

HP

横浜在住のDubstep兄弟ユニットSeimei & Taimeiの弟Taimeiによるソロプロジェクト。 2012年に同名の1st EP「Carpainter」を自身のレーベルTREKKIE TRAXよりリリース。また翌年2013年にMaltine Recordsより2nd EP「Double Rainbow」をリリース。 主にSoundcloudといったネット上で楽曲を発表しており、 Garage/2step/HouseをFUTUREという感覚で解釈したサウンドに評価を得ている。

Hercelot

HP

Maltine Records所属のポップテクノメイカー。ごちゃごちゃと色彩感の強いチャイルディッシュ/コミックポップを、無節操なサンプリング手法で表現した独特な楽曲を制作。2006年より独学で音声コラージュを始め、2010年より東京でライヴ活動を行っている。東京女子流、転校生、南波志帆の公式Remixなどを経て、満を持してのフルアルバムが完成間近。なお、告知文にアルバム制作中の旨を記載し始めて約2年が経っている。

フレネシ

HP

8歳で、ささやき声しか出なくなる。20歳の頃より、大学卒業までの2年間に50曲余りを作曲。22歳よりソロ名義を「フレネシ」とし、「ささやいていても硬派」な楽曲を多数作曲。

坂本龍一氏主宰のミュージックサイト Musictree では、LiveBrain賞、ONKYO賞など、受賞多数。その類まれなアレンジ能力が高く評価される。
大学卒業後、ミニアルバム「Landmark Theater」、7インチ「aucitron」をリリース。英語、イタリア語で作詞された本2作品(現在廃盤)は、コレクターの間で幻の名盤と噂される。
そして2009年6月に乙女音楽研究社からリリースした初のフルアルバム「キュプラ」がHMVインディーズチャート1位、カレッジチャート1位を獲得するなど、大きな話題を呼ぶ。
作詞作曲、多彩なアレンジ、CDジャケット、PVのアニメーション原画に至るまで、作品の全てを自ら手がけ、シンガーソングライティングアニメーターという新しいアーティストのあり方を世に知らしめる。

Yuuyu Aensland

HP

魔界在住のクラブミュージックっぽいのを主に作るトラックメイカー。趣味でDJをしている。常にダークフォースを発動中で華麗にチェーンコンボを決め魔界、宇宙、地球を支配してやろうと日々目論んでいる。2011年にフリーアルバム”Her Memories”をネット上で発表。 
yuuyuaensland.tumblr.com。aka Lil’ 諭吉 Cherry Brown

SEIJI KANOH(Favle)

HP

新宿MARZで開かれるLIVE+DJ形式の不定期イベント”Favle(フェーブル)”を主催するイベンター。

千駄ヶ谷 tetsuya(Isaragi×grinramma)

gou.s(Tremolo)

DJ Gack(lantern)

Gonbuto(JCC)

itotamotsu(たんけんぼくのおと)

りすけ(Family Tree)

VJ

9s9 (テラマツサラン)

HP

2011年よりVJをはじめ、モーショングラフィック研究会「凸レンズvol.2.5」@桜台pool、「girls soundroom」@superdluxeなどに出演。

asuka tanakaやCAT SANDなどと共演。手作りパッチワーク感覚のVJをこころがけています。
普段はおとめちっく路線のまんがイラストレーター。
ヌケメバンドのメンバー。
イラスト集zine「9s9leaf」発売中。

DECO

みほまふる

FOOD

BLACKMONTBLAN

そして今回はリリパということで客演アーティストも紹介させてください。

参加ボーカリスト

asuka tanaka

HP

札幌出身、東京在住。
繊細な白昼夢ドローンから走馬灯アンビエント、無邪気な方向音痴不定形トイポップまで、エレクトロニクスと玩具、ピアニカ、リコーダー、フィールドレコーディング音源などを用いて紡ぐ。
Bunkai-Kei recordsなどのネットレーベルからの音源リリースやオノマトペ大臣&ナオヒロックへのトラック提供、いぬ(ノンセクトラジカルズ、THE JG’s)など様々な音楽家の楽曲へのボーカル参加と多岐に渡る活動を行っている。

3月に1st CDアルバム「Chrysalis」をbalen discよりリリース。

フレネシ

luvrap group

Shingo Maeda from birds melt sky

HP

前田真吾(Vo/G/Didgeridoo/Programming)、宮副亜紀(Drs/Cho)、益子和久(B)による3ピースバンド。2007年6月よりバンド活動開始。開始するやいなや、バンドやイベンター、ライブハウスなどから続々と出演オファーが入り、新宿・渋谷・下北沢界隈などを中心にコンスタントにライブ活動を展開する。2009年7月、ディスクガレージ主催の30周年記念イベント「蓮沼2009」において、事前人気投票で第2位を獲得し出演を果たす。2010年3月、待望の1st mini album「BIRDS in SPACE」をリリース。2010年9月、ライフスタイルブランドDIESELのミュージックプロジェクト「DIESEL:U:MUSIC」にて、注目すべきジャパニーズアーティスト/バンドとして紹介される。2010年12月、ライブとDJの空間融合をコンセプトにしたロックパーティー「TOKYO BOOTLEG」より発売された公式MIX CDに 1st mini albumより「ミライミライ」が収録される。また、2011年3月、新宿MARZにて開催しているDJ星原喜一郎主催のパーティー「NewAction!」より発売されたコンピレーションアルバム(同コンピ収録アーティスト:THEラブ人間/東京カランコロン/sawagi/your gold, my pink/AFRICAEMOなど) に「ミライミライ」が収録されるなど、クラブ界隈でも注目されている。2010年11月に「MINAMI WHEEl 2010」、2011年5月「SAKAE SP-RING 2011」に出演。それぞれ初出演ながらいずれも会場がほぼ満員状態になる。2011年3月にはフランスの日本音楽専門TV放送局『NoLife』で「ミライミライ」PVがオンエアされ、視聴者ランキングで最高9位にランクインし、殿堂入り。海外での評価にも定評がある。

2013年6月6日、2nd mini album「COLORFUL」をリリース。翌7月に渋谷clubasiaのデイタイム・レギュラー・イベントであるライヴ&DJ イベント“ROCK ACTION”との共同企画によるリリースパーティーを開催、大盛況となる

と豪華な感じで楽しくホームパーティーみたいにやりたいと思いますので

是非とも遊びにきてくださいませ。

ご予約は、BaticaかTwitter上でリプライを飛ばしていただくか、

HP上でお問い合わせから承っております。
せっかくのリリパですし、
今回予約をして頂いた方用にミックスCDをプレゼントしたいと思います。
大阪のパーティーでも用意させていただきますので
宜しくお願いします。

Idiot Pop /TOY POP FOR PARTY MIX

1 Idiot Pop /My name is Idiot Pop
2.Marcus Marr/The Music
3.Daft Punk/Get Lucky (Ranny’s Disco Booty Mix)
4.Oliver/MYB (Original Mix)
5.Nirvana /Smell Like Teen Spirit (Sebastien Benett Remix)
6,Radiohead/Everything In Its Right Place(idiot Pop’s Edit)
7.Alex Metric/Want Ya
8.Umami/Sunny
9.Bobmo/Sonic Soul
10.Paradoxical Scream (Leggysalad Remix),Baby I’m Yours (Siriusmo Remix)
11.サカナクション/ミュージック,Otto_Knows/Million_Voices,DEDE MOUSE/Dancing Horse On My Notes (idiot Pop’s Edit)
12.Cassius/99 (Reset! Remix)
13.Idiot Pop/We Belong Together (Muscarus ElectroFunk Remix) (idiot Pop’s Edit)
14.Idiot Pop/Sleeping Beauty (Taimei Remix)
15.globe/Many Classic Moments
16.The M Machine/Moon Song
17.Idiot Pop /Want my girl my bixxh,乃木坂46/制服のマネキン (pow00000′s edit)
18.ももいろクローバー/走れ!
19.Chocolate Puma/Get The Bone,Adele/ Rolling in the Deep (Jamie XX Remix)
20.Idiot Pop/Wander Wonder (Awaking Daydream Remix) By Fu_Mou
21.禁断の多数決/透明感 (album ver.)
22.Idiot Pop/Nothing To Be Afraid Of (Hercelot Remix)
23.matthew herbert/The Audience
24.Idiot Pop feat. Shingo Maeda,Hot Chip,The Verve/Why You Are Not Here,How Do You Do (Todd Terje Remix)
25.Germany Germany/Take Me Home
26.Idiot Pop/Love I Want feat.Hugo Manuel (Jonquil) (DUPER GINGER Remix)
27.Idiot Pop/Anyway Someway feat. Frenesi (Avec Avec Remix)
28.Salvation Bill /Tapes and Money (Totally Enormous Extinct Dinosaurs covers)

mixed by Idiot Pop

6/9恵比寿 6/16難波でのリリパ用に記念スタンプを作って貰いました(@ikkeeei さんに)。会場で見つけたら捺してみて下さい!!

2013年5月15日

新進気鋭のアーティストが参加したリミックスアルバム「TOY POP 」がリリース!!!

傑作1stアルバム「Idiot Pop」世に出した後、二枚のEPのリリース。「SQコンピ」「キラキラジブリ」シリーズ、禁断の多数決への楽曲提供など(「透明感」「アナザーワールド)、

2012年にはフレネシ、Hugo Manual a.k.a Chad Valley,PandaBoYなど様々なゲストを迎え、独自の世界観を作り上げた2nd「EXWORLD」を発売したIdiot Pop。

本作では、Idiot Popが注目している新進気鋭のアーティストfu-mou、Avev Avec、Yoshikawa Yoshino ,Leggysalada、

Yuuyu Aensland a.k.a Lil’諭吉、Boys Get Hurt,DUPER GINGER,MISSILE CHEWBACCA,Hercelot、Taimei(a.k.a. Carpainter) ,Xi a.k.a Musicarus,Canopies and Drapes,ゲスP計13組をリミキサーとしてフィーチャー。Idiot Popがこれまでにリリースしてきた楽曲を、それぞれが独自の解釈で昇華させたリミックスが収録されている。また、リミックス楽曲に加え、PANORAMA FAMILYをMCとして迎えた自身初となるラップ・トラックを筆頭に、新曲を3曲収録した計16曲収録の豪華なリミックス・アルバム!単なるリミックス集に収まらない豪華な内容になっている。

—————————————————————————————————————————

TRAPやエレクトロニカ、エレクトロハウス等々と様々な表現によって再構築された楽曲が、

しかしIdiot Popらしさを決して損なう事なく、むしろ様々な側面からその魅力を照らし出している。
日本でも有数のエッジの効いたクリエイター達によって美しく彩られたこのリミックスアルバムを聞いた後の余韻を是非体感してほしいです。

DJ WILDPARTY

————————————————————————————————————————–

また、ダイジェストMEGA MIXXXX!!!も公開しております!!

Director by Arto

そして、今月5月1日のライブ

birds melt skyshingo Maeda を迎えた
Why You are not here feat.Shingo Maeda をyoutube上で公開しました。
これを見てライブ来て下さい。

Director by 高垣空斗

Additional Editor by Arto

Idiot Pop “TOY POP”収録曲

IPR006RMXCD

1575円(税込み)

amazon

1. RE:EXWORLD

2. Wander Wonder (Awaking Daydream remix)
Remixed by fu_mou
3. Anyway Someway feat. Frenesi (Avec Avec Remix)
4. Nothing To Be Afraid Of (Hercelot Remix)
5. Boys Don’t Cry ★CDのみ収録
6. Paradoxical Scream (Leggysalad Remix)
7. Sleeping Beauty (Taimei Remix)
8. We Belong Together (Musicarus ElectroFunk Remix)
9. MISS ME (ゲスP Remix) ★CDのみ収録
10. 君去りし後 (MISSILE CHEWBACCA remix)
11. Love I Want feat.Hugo Manuel
(Jonquil) (Boys Get Hurt Remix) ★CDのみ収録
12. Magic (Yuuyu Aensland Remix)
13. POWER OF LOVE feat. PANORAMA FAMILY ☆新曲
14. Love I Want feat.Hugo Manuel
(Jonquil) (DUPER GINGER Remix)
15. Anyway Someway feat. Frenesi
(Yoshino Yoshikawa remix)
16. Dear Mom… ★CDのみ収録

配信限定トラックリスト

900yen

iTunes

1. RE:EXWORLD

2. Wander Wonder (Awaking Daydream remix)
Remixed by fu_mou
3. Anyway Someway feat. Frenesi (Avec Avec Remix)
4. Nothing To Be Afraid Of (Hercelot Remix)
5. Paradoxical Scream (Leggysalad Remix)
6. Sleeping Beauty (Taimei Remix)
7. We Belong Together (Musicarus ElectroFunk Remix)
8. 君去りし後 (MISSILE CHEWBACCA remix)
9. Magic (Yuuyu Aensland Remix)
10. POWER OF LOVE feat. PANORAMA FAMILY
11. Good Bye Sorrow (Canopies and Drapes remix) ★CD未収録
12. Love I Want feat.Hugo Manuel
(Jonquil) (DUPER GINGER Remix)
13. Anyway Someway feat. Frenesi
(Yoshino Yoshikawa remix)

CDと配信ではジャケ、収録曲、価格も異なりますので

好きな方を購入していただけたらなぁと思います。

Idiot Pop “TOY POP”+”EXWORLD” release Party in Tokyo

日程:2013年6月9日(日)
場所:恵比寿BATICA

http://batica.jp/

前売り1500円

当日2000円

OPEN 17:00

CLOSE 22:00

Live


Idiot Pop (Band Set) 
Avec Avec
DUPER GINGER
Luvrap group
MISSILE CHEWBACCA

DJ

Carpainter (a.k.a.Taimei )
Hercelot
Yuuyu Aensland
(a.k.a Lil’諭吉,Cherry Brown)
フレネシ (DJ)

Lounge DJ


DJ Gack(lantern)
Gonbuto(JCC)
gou.s(Tremolo)
itotamotsu(たんけんぼくのおと)
SEIJI KANOH(Favle)
千駄ヶ谷 tetsuya(Isaragi×grinramma)
りすけ(Family Tree)

DECO

みほまふる

FOOD

BLACKMONTBLAN

Rock’n Roll Birthday Roll.11

〜デルタアタック!!!〜
Idiot Pop “TOY POP”+”EXWORLD” release PARTY in OSAKA

日程:6月16日(日)

場所:難波ARTYARD STUDIO
www.artyard.jp/artyardstudio/

OPEN:16:00

START:16:30
料金:前売り2500円 当日3000円(+1d代)

LIVE:


Idiot Pop (Band Set)
give me wallets
ALAMAT

GUESTDJ:

AZ(onion night)
DJ Air(KaTie)

VJ:

MAR(E3!!!,onion night)
みゅ~じ(loose night)
nao(MUSicK)
たなけん(Aliahan BOYS,RRB)

DJ

Rock’n Roll Birthday DJ’s
小村幸男(MUSicK)
缶(onion night)
ナワマリナ(TROPICAN’S)
中村陽太(フジロックの酒場)

Idiot Pop 1st Remix CD 「TOY POP」参加したリミキサー紹介させてください!!!!

fu_mou (Wander Wonder from EXWORLD)

ネットで楽曲を発表する中、2011年 5月に “Green Night Parade EP” をALTEMA Recordsよりリリース。タイトルトラックの”Green Night Parade”とPandaBoYによるRemixが各所でヘビープレイされ注目を集める。ドラマチックかつエモーショナルなメロディを活かしたエレクトロニカ以降のエレクトロ・サウンドを武器に、桃井はるこ、RAM RIDER、 野宮真貴などとコラボレーションをする他、Google ChromeのCMで一躍話題となったlivetune「Tell Your World」のリミックスを担当。現在はトラックメイカー/ソロ・アーティストとして楽曲提供、プロデュース、ライヴなど多方面で活躍中。

僕はこの曲でもう彼の夢中になりました。

多幸感溢れ過ぎでしょ!?

Avec Avec (Anyway Someway Featuring Frenesi from EXWORLD)

1987年生まれ。大阪在住のトラックメイカー/作曲家。

Takuma Hosokawaによるソロプロジェクト。
2007年頃からインターネットを中心にリミックスやマッシュアップを発表し、
2011年にAvec Avec名義で活動をスタートさせる。Bass Music、
80’s Synthpop、Future Beatsなど10年代的ビートを基調に、新しいPOPの形を追求している。

http://avecavec.tumblr.com/

この曲を聞いたら分かる。その洒落乙感。アバーン感。唯一無二。

今回のリミックスでは彼しか出せない音。

hercelot (Nothing To Be Afraid Of fromIdiography EP )

Maltine Records所属のポップテクノメイカー。
無節操で多様なサンプリングソースをごくわかりやすく噛み合わせた、
ごちゃごちゃと色彩感の強い楽曲を制作。

この曲を聞いて分かるけど、TOY POPという言葉は彼にふさわしいんじゃないかなぁと。

東京女子流 – おんなじキモチ (Hercelot Remix)

Leggysalad (Paradoxical Scream Paradoxical Scream from IdiotPop)

1990年生まれ。東京都在住。
電子音楽ソロプロジェクト Leggysalad 名義での活動や、kevin mitsunaga 名義でのDJ活動に加え、
佐藤純一(FLEET) + yuxuki waga(s10rw) + Kevin + towana の4人で fhána としても活動中。
総合クリエイティブサークル s10rw に所属。

また、DJ/TrackMakerチーム OrdinarySuperFamilyComputer に所属。
yoshiikazuto 氏らと共に モーショングラフィックス研究会 を立ち上げ、メンバーとして所属している。
主な活動
2011年2月24日、渋谷O-nestにて行われた「viBirth × CINRA presents “exPoP!!!!! volume47″」に出演。
2011年3月16日、初の有料音源配信をBeatport, iTunesにて開始し、Beatport Electronicaチャートにて最高位27位を記録。
2011年12月3日、ネットレーベルである ALTEMA Records にてEPをリリース。
2012年3月6日、初のVOCALOID楽曲を動画サイト上にて発表。
2012年5月20日、新木場ageHa/Studio Coast+野外特設エリアにて行われた「渚音楽祭 EDGE EFFECTS 金環日食 Version BOX STAGE」に出演。
2012年7月28日、Day Tripper Records より初のアルバムをリリース。TOWER RECORDSやHMV等のCDショップにて全国展開される。
その他、渋谷WWWにて行われた「APMT NIGHT」のラウンジ出演や、AppleStore銀座店にて行われたライブイベント出演、京都MUSEにて行われたアーティスト YeYe の1stアルバムリリース記念ライブへの出演など、多数のイベントに参加。
また、avex主催「a-nation 2012 ANISON GENERATION〜アニジェネ〜」のTVCMへの楽曲提供や、インテル株式会社、ソニー株式会社、株式会社良品計画(無印良品)、六本木ヒルズ53階・森美術館における展覧会など、プロモーションムービーやウェブコンテンツの楽曲制作・提供を行い、インターネット上を軸に幅広く活動を行なっている。

壮大で綺麗なエレクトロニカは圧巻のクオリティー。

緻密なサウンドクリエイター。
ホントにParadoxixal Screamは彼にやってもらってホントによかった

Taimei (Sleeping Beauty from EXWORLD)

TREKKIE TRAX所属 

DJ/トラック制作 Seimei and Taimei(Dubstep)
Carpainter名義など様々な名義を使いこなし
クオリティーの高い作品を作っている
最も若手で注目すべきトラックメーカー

ホントに若くて才能がある。

最初に上がってきたremix。
今回はtaimei名義でエレクトロを披露してくれたが
Carpainter名義のUKガレージぶりがホントに素敵。ホントに若いのっ!?て思わせるクオリティー。

Musicarus ( We Belong Togetherfrom EXWORLD)

日本でDJ、トラックメイカーとして活動中

15歳の頃よりDTMをスタートさせ、着々とスキルアップを続け、今に至る
現在は九州の宮崎を本拠地に、関東、関西を行き来し、音楽活動を展開

なんていうか、この突き抜け方ホントやばい。

resetが提唱するターボファンク日本代表じゃないかな!?
懐かしさも感じさせながら、新しくもある。

ゲスP (Miss ME Featuring Jina from IdiotPop)

友達としか言えないけど、このリミックスを聞いて

躍動感やばいと勝手に思ってます。
初音ミクやるとかやらないとか。

Missile Chewbacca (君去りし後 from EXWORLD)

RAM RIDER、AAA、MEGなど

メジャーアーティストのアレンジ、楽曲プロデュース、リミックスワークなどで活躍してきた
コンポーザーshoesが「踊れるロック」を追求するために結成した
ダンスロックユニット、『MISSILE CHEWBACCA!!』
聴くもの全てが踊り出す高圧的なサウンドに
日本語英語の飛び交うデタラメでスピード感溢れる歌詞の世界。
突如としてあらわれる切ないメロディが心の奥に突き刺さる!
キラキラからバスコーンまでイタズラに駆け抜ける音の疾走感を体感せよ!
今年、満を持してリリースされた1stアルバム「LANDING CLASH」が全国レコード店、amazonにて絶賛発売中!

http://missilechewbacca.net/

このレイブ感じヤバすぎる。

このSunburstのPV見て、もうワクワクした感覚忘れない。
ライブも楽しいよ!!!!

Boys Get Hurt(Love I Want Featuring Hugo Manuel(Jonquil) from EXWORLD)

11年Yuki & Takumiにより結成、Producer/DJデュオ。French House/Filter Houseに影響を受け、

せつなくメロディアスなIndie Danceサウンドが特徴。
当初発表したDEMO/REMIXが数々の海外ブログからピックアップ、
’12年USコロラドが拠点のインディーレーベル”VCR”から発表した
“Emotion.EP”は日本人としては初めてBeatport”Indie Dance Top Chart”で12位を記録。

アフリカエモの阿部ちゃんも好きだけど、こっちも好き。

Chad Valleyの曲出来た時、彼らに頼もうと思って
indie danceをやらせたら間違いない。
ボーカル曲も素敵だ。やっぱり。お洒落。

Yuuyu Aensland
 (MAGIC from IdiotPop)

魔界在住のクラブミュージックっぽいのを主に作るトラックメイカー。趣味でDJをしている。常にダークフォースを発動中で華麗にチェーンコンボを決め魔界、宇宙、地球を支配してやろうと日々目論んでいる。2011年にフリーアルバム”Her Memories”をネット上で発表。 
yuuyuaensland.tumblr.com。aka Lil’ 諭吉 Cherry Brown

多分二日、三日で作ってくれたんじゃないかなぁと。

遊び心がありつつ、原曲を活かしてくれる感じ。
超かっこいい!!

私立恵比寿中学 – オーマイゴースト?〜わたしが悪霊になっても〜[Yuuyu Aensland Remix]

PANORAMA FAMILY


2006年頃結成。 2009年1月、3MCから1MCへ。 以降はゴメス1人のユニットとなる。 MCとトラックメイキング&楽器もこなしたり、 器用貧乏ならぬ器用B-BOYスタンスで 渋谷Organ.b第1火曜日mixx beautyを中心に、 年間60本ペースで精力的にライブしまくり。 remix、客演、ビールケースの上から幕張メッセまで、 大中小規模なイベントに参戦したり、 アルバムとか7インチとか発売したり。 PUNKとかJAZZとかSOULとかラテンとか聴いてたら いつの間にかRAPしてたパターン。 3/20 new album “LIFE NOTE”発売! レぺゼン宮城県女川町スタイル。

ラップも勿論カッコいい。

それ以上に俺はホントに彼はメロディーメイカーじゃないかと。
ホント嫉妬もんです。
ラップもトラックも最高です。

DUPER GINGER
(Love I Want Featuring Hugo Manuel(Jonquil) from EXWORLD)

2010年結成。MagictouchとCIVICの2人がメンバー。主に宅録でのトラックメイク活動が中心。名前の由来は2人共ジンジャーエールが好きだったから。あと響き。ヒップホップが心の拠り所だがジャンルは問わ ず。 12年にJUICEBOXXXをFeatしJxJxがREMIXを提供した「Kit-Cat」、SPEECH DEFECTをFeatしIdiot PopがREMIXを提供した「Wanna Be Kidz」をリリース。OTOTOYの「Play for Japan 2012 vol.11」に楽曲提供。13年3月発売のPANORAMA FAMILY「LIFE NOTE」にREMIX提供(ココナッツディスク代々木店特典)、5月発売のIdiot Pop「TOY BOX」にREMIX提供。同じく5月発売の8ronix「SOHAKU Feat. KGE THE SHADOWMEN」にREMIX提供。

http://duperginger.bandcamp.com/

ホントに大事な先輩。

莫大の音楽知識に裏付けられたトラックを作ってくれる。
今回のリミックスはホントにやられた。
モチーフが10CCってのも。流石です。

Wanna Be Kidz Feat. Speech Defect,DJ SHUN

Yoshikawa Yoshino(Anyway Someway Featuring Frenesi from EXWORLD)

2007年頃から本格的に音楽制作を開始。2009年からアーティストネームを「芳川よしの」とし

インターネットレーベル、Maltine Records等でのリリースを中心に活動する傍ら、
これまでにFPM、東京女子流、南波志帆、dj newtown(tofubeats)、AZUMA HITOMI、DECO*27、八王子Pなどにリミックスを提供。
2011年から作家としての活動もスタートし、シンガー、アイドル等に楽曲を提供しつつ、2012年からスタートした自身のプロジェクト、「Pollarstars」「Aquastella」にてサウンドプロデュースを担当。
ポピュラーミュージックの新しい形を模索する日々が続いている。

http://yosshibox.com/

職人的っていう言葉が似合う

裏打ちされて洗練されたトラック。
このEPを聞いて頼もうと決意した。
[MARU-086] 芳川よしの – Lovely Rainy Day

http://maltinerecords.cs8.biz/86.html

TOY POPっていうタイトルは彼のリミックスを聞いて決めたかも

キラキラしてるんだけどどこか壊れやすい感じ。今回のリミックス曲は
そんな感じがした。自分だけかなぁ。

Canopies and Drapes(Good Bye Sorrow from EXWORLD)

chickによるソロプロジェクト。

2011年より、NILE LONG(ex.The Brixton Academy)のレーベル”Love Action”に加入し、活動開始。
ドリーミーでメランコリックなシンセポップを基調とし、2011年10月に、初のEP「Violet Lilly Rose Daisy」を発売。海外の複数音楽サイトに取り上げられる。
2012年5月より、自主イベント【Unico】を開始。”女の子のためのイベント”というコンセプトのもと、最新のindie/dance musicを提示する。第1回目は、mitsume、SHE TALKS SILENCEを召喚し、国内インディガールから熱い支持を得る。2012年6月に「And Putting Love Away」をカセットのみで、リリースする。

女性らしいエレクトロニカ。

可愛らしくただ何処か虚ろな。
センスっていう言葉で片付けたくないけど、
ホントにセンスがあるリミックスでした。
How Deep Is Your Love ? (Canopies and Drapes Remix)

ホント沢山の方の協力で出来たアルバムです。
リミキサーのファンの方が自分も聞いて貰えるのも幸せだし

自分の事好きな人が新たに今回のリミキサーを好きになってくれるのも幸せです。

これを見てまた楽しんでもらえたら幸せです。